スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■JAGDAの総会が奈良で開催されました

JAGDAと書きましても何のことだか分からないと思いますが、日本グラフィックデザイン協会の頭文字で、全国代表者会議が奈良で行われました。JAGDAは全国組織のグラフィックデザイナーの集まりで、現在全国に2500人の会員がおられます。今回は各地区(北海道から九州まで)の理事の方々が奈良に30名ほど集まられました。幹事役にJAGDA奈良の平野さん以下6名方で、われわれ奈良デザイン協会(NDA)からは横井さん、田部さんと私の3名が招待されました。

午後からの総会後、6時30分より勝井会長の挨拶で歓迎の懇親会が始まりました。最初のサプライズとして天理大学雅楽部の学生さんによる雅楽の演奏が披露されました。これは会員には知らされておらず、皆さん奈良の夜にふさわしい演出に喝采を上げておられました。指導されている佐藤教授から雅楽の楽しみ方や拍手のタイミングなど、雅楽をもっと親しんでくださいとのメッセージと共に、幻想的な時間と空気をいただきました。この天理大学雅楽部は海外公演やCDなども出されている伝統のある部活動で、今年は平城遷都1300年際で引っ張りだこだったようです。また、佐藤先生もTV等にも出演され、超多忙な一年だったようです。今年の大晦日、深夜に大極殿前で1300年祭最後の演奏会が行われるそうで、気温と天候を心配されておられました。

懇親会の途中で奈良で25年活動をしております我々NDA(奈良デザイン協会)の紹介を横井さんが代表して行われました。単なる地方のデザイン協会が25年の歴史を持てた訳と、なぜNDAが誕生したのか?の意義と役割、また、NDAを含む全国のデザイン協会のあり方と今後の存続の方向等を提言されました。確かに日本のデザイン協会の内部はどこも高齢化と社会的価値の欠落、また、社会貢献のありかたが問題とされています。今後NDAも次の時代に向けた新しい組織の仕組みを、JAGDA奈良と共に連携をとって進めたいと考えます。JAGDA奈良の皆様、お疲れ様でした。今後ともよろしくお願いいたします。


<勝井会長の挨拶>
会長挨拶

<天理大学雅楽部と佐藤先生の解説>
雅楽1

<学生さん達による雅楽の演奏>
雅楽2

<横井さんによるNDAの取り組みの講演>
NDA紹介横井
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻 政明

Author:辻 政明

synegeo.com 辻政明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

奈良物語
ファーマーズライフ
PopCornゆび筆
墨運堂
クラフト工房佐保
倭や
福西和紙本舗
横井美術館

管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。