スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

版画が出て来た!

今我が家は大変な事になっている。
筑後160~180年と推測される母屋(おもや)の50年ぶりのリホーム準備で大掃除をしている。屋根裏からはとんでもないものが出て来ている。これまで見たことの無い本や腐った家具、写真や虫の食った衣装など、土日の休みの度に大掃除である。
大祖父や叔母、また大叔父のノートや参考書など大正時代や昭和初期の尋常小学校の成績など、この家の歴史が見て取れる。そんな中で、私が忘れ去っていたおそらく小6か中1の時に描いた虫の食った版画が出て来た。たぶん私が整理して屋根裏に保管して忘れていたようだ。
今思うと当時ととしては良くできた版画だと思う。この版画は居間で祖父がいつもキセルでタバコを吸っていた情景を写したものだ。コタツに入り、タバコ盆と火鉢で、部屋はいつも煙っていた。しかしそんな祖父が大好きでいつも横に座って話をしていたように記憶している。祖父は76歳で他界したが当時とすれば大往生のようである。農協の組合長でいつも人を連れて着ては酒を振舞い、酒とタバコの臭いが祖父の思いでである。
ある日、私はなぜか祖父の頭を叩いた事があった。その時、祖父は「孫に頭を叩かれた事はこれまで聞いたことが無い。悲しい!」と涙を見せた事を今でも覚えている。当然親父から強く叱られた。
こんな版画が出て来たことで、久しぶりに祖父や祖母の事を思い出し。私も我が家の一員で歴史を刻んでいるのだと改めて確認した大掃除である。

祖父_中1
スポンサーサイト
プロフィール

辻 政明

Author:辻 政明

synegeo.com 辻政明

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

奈良物語
ファーマーズライフ
PopCornゆび筆
墨運堂
クラフト工房佐保
倭や
福西和紙本舗
横井美術館

管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。